カテゴリ:お知らせ( 2 )

ARKホームエデュケーションサポート協会主催Hello Sanbi。プロデュースHouse of Sanbi Tour by Home Schooled Teens企画概要

公式ブログ:Hello Weblog。

このような企画があります。是非目を通し、祈っていただきたいとおもいます。具体的なツアーメンバー募集や奉仕者の募集はこれから公式ブログのほうでしていきたいとかんがえています。公式ブログはコアスタッフによる近況の報告などしております。重要なお知らせなどは公式ブログでしますので、チェックしていただけたら幸いです。

最終更新日:10/12/02

1.いままでのHello Sanbi。について
Hello Sanbi。は、2010年10月25日に完全にホームスクーラー主体で企画され、行われた賛美集会です。
日本にホームスクールが紹介され10年。
この若いムーブメントを通して育ったホームスクーラーのユースたちが、主のためになにかをしたいという気持ちで立ち上がった決起集会でした。


2.これからのHello Sanbi。について
Hello Sanbi。は継続的なミニストリーを目的としているわけではありませんでした。
けれども、大きな可能性と将来性にあふれる、ホームスクールというすばらしい環境で育てられた若者たちが、その貴重な賜物(若いエネルギーや時間、才能など)の多くを、あまり有益に使えていないという現状を見るとき、
若いクリスチャンが新たなことにチャレンジし、成長していける場所・チャンスが必要だと考えました。
具体的には、賛美集会だけでなく、キャンプや、セミナー、文化祭、料理、ダンス、演劇、バンド、スポーツ・・・なんでもいいでしょう。

大切なのは、親が若者たちに強制して何かをさせるのではなく、若者達が自発的に新しいことを始め、親がそれをいろんな面からサポートしていくということにあるのではないかと考えています。
賛美とは、賛美歌を歌うことだけではないように、自分に与えられているものを通して、主のためにすることならば、なんでもそれが賛美になりえます。学ぶことも、演劇も、ダンスも、スポーツもまた賛美となるでしょう。そして、それぞれが主に与えられた「個性」を生かしつつ、一つになってなにかを作り上げることができたら、それこそ神さまが一番喜ぶ賛美となるのではないでしょうか?
これから、Hello Sanbi。がそんな賛美の場所になっていけたら、と思うのです。


3.具体的な企画
内容:
2011年の夏(8月18日~27日)に賛美集会「House of Sanbi。」の全国ツアー。これは、2010年秋に行われた賛美集会の第二弾という形となります。

集会の目的:
準備段階において*
この集会を企画する若者たちが自分たちのコンフォート・ゾーンを飛び出し、神さまにより用いられやすいように成長すること。

賛美集会当日において*
会場に集まる参加者とともにこころからの最高の賛美を捧げること、それにより参加者が励まされ、促され、新しいミニストリーが起こされて行くこと、そしてノンクリスチャンが主の栄光をみて、救われること。

全国ツアーにおいて*
地方のクリスチャンたちを励まし、また地方で新しいクリスチャンたちがうまれ、新しいことがおこっていくこと。

 具体的な準備:
技術向上・親交を深めるための期間*
この集会を共に作り上げたいと思う若者たちのための、講師をまねいてのダンスレッスンの合宿やバンド、ワーシップリーダーたちのためのセミナー、またスキットの合宿、霊的成長のためのキャンプを開催を行うことを考えています。
地方のお住まいの方も、参加しやすい形態とることを想定しています(インターネットを通してのコミュニケーションや、ダンスレッスンなど)。

賛美集会のための準備期間*
2011年5月ごろから取り組み、Skypeを用いてのミーティングや都内でのミーティングなどで、プログラムや賛美チーム、それぞれの担当や奉仕者などをみなで決め、各自が責任感をもって仕事をこなせるようにしていきます。
また、大道具・小道具・音響・照明・設営・撤収・パワーポイント・フライヤーのデザインなど、ステージに立つ以外の裏方にもさまざまな能力を要する分野が存在し、各自が賜物を磨くチャンスとなっていくと考えられます。

ファンドレイズ*
色々な方法を考えています。
①教会などを回って、スキット・ダンスなどのパフォーマンスをし、手作りの食品・雑貨などを販売し献金を募る方法。
②小さな子どもをホームスクールし、ヘルプを必要としている家庭と、サポートのできるユースのホームスクーラーたちをつなぎ、ベビーシッティングを提供する方法。
ユースはボランティアでベビーシッティングをさせてもらい、家庭は示された分だけ献金をする。このためには、ヘルプが必要な家庭と、サポートできるホームスクーラーのリストが必要で、色々な場で呼びかけをしていかなければなりません。すぐに実現可能かはむずかしいところですが、ヘルプを必要としている家庭は多くあるので積極的に進めていきたいと思っています。交通費などの実費を差し引くとどの程度の額が残るのかは不明なところですが、これは隣人愛の実践となるので、それぞれのユースたちの良き成長の場となることを期待しています。

この企画の問題点:
 あるのは、やりたいという気持ちのみで、お金も知恵も場所もスタッフもなにもかも無い無いづくしであることが問題点です。でも、神さまがこの気持ちを与えてくださったから、必要なものは全て満たしてくださると信じています。

 この企画の効果:
 もし、この企画が実現することができたら、
①ホームスクーラーが神さまが自分たちを用いてくださるのだということを知ることにより、自分達の存在に自信が持てるようになる。
②ホームスクーラーが内輪で集まって楽しくやることから卒業し、この世界に主の弟子として遣われ、羽ばたいていくことへのステップを踏むことができる。
③主に奉仕することへの意識が変えられる。
④人間関係や主との関係の中で、霊的に成長する。
⑤家族以外のチームで働くことの実践を通して、将来への備えが出来る。
⑥ひとりひとりが、自分に与えられている賜物や個性を新しく知り、それを伸ばし用いていくことのきっかけとなる。
⑦神さまの栄光が輝く。


Hello Sanbi。の「House of Sanbi Tour by Home Schooler Teens」プロジェクト理念

*この企画は、主から出たものと信じ、すべての責任と栄光は最終的に主にあるものとします。
*実際的な企画の責任はARK代表の笹岡靖にあり、その具体的な実行における責任は笹岡さおりにあります。
*この企画に参加する者は、キリストを愛し、キリストに従い、キリストに似る者となることを何よりの願いとする者、またはそのような者の権威の下にある者でなければなりません。また、この企画においては、主が上記のふたりに権威と責任を委ねていることを承認するものでなければなりません。


前回のHello Sanbi。レポートはこちら
[PR]
by ark-hesa | 2010-11-20 08:34 | お知らせ

2010 ARK 神の家族キャンプ

ARKホームエデュケーションサポート協会主催
2010 ARK神の家族キャンプ


期間:2010年8月12(木)~16日(月)

会場:長野県飯田市黒田 姫宮林間学校

 *車の場合:中央道飯田ICから車で約20分。

 *公共交通機関の場合:新宿からJR飯田駅までは高速バスで約4時間、飯田駅から会場までは車で送迎できます。

 *会場は、昔の中学校校舎の一部を移築した木造2階建ての建物で、
風越山麗の緑に囲まれた自然豊かな、閑静な場所にあります。

 *屋外調理場、運動場が併設され、近くには野底川の清流、
ローラー滑り台などのある公園、遊歩道もあり、青少年のキャンプ・合宿場として、利用されています。

 *集会室には卓球台があり、電気は通っています。食事は原則、自炊です!


概要:すでに2家庭(笹岡家・千葉、小林家・長野)がホストファミリーとして、参加を表明しています。

 朝夕のワーシップの集い、日曜日の礼拝以外には、固定的な、いわゆる「プログラム」を用意しません。
ただ、昨年までは「ホームスクーラーのためのファミリーキャンプ」というスタンスで開催してきましたが、今年は、以下の2点に主眼を置くように導かれています。


1.「アウトリーチ」
キャンプ期間の半ば、地元の教会への奉仕、
地元の方々への伝道、そして地域の教会と協力しての賛美集会の開催などを、祈って検討しています。

2.「ユース年齢のクリスチャンの弟子訓練」 
ホームスクーラーのみならず、10代~20代の青年たちを中心に、
上記のアウトリーチを企画していくことを祈りつつ、
現在いろいろと調整中です。

聖霊さまの導きのままに、主ご自身が必要な人材を備え、
必要なプログラムへと導いてくださることを祈り求め、期待しています。お祈りください。



 なお、このキャンプへの部分参加は受け付けますが、
なるべく全期間の参加を強くお奨めします。
今までのキャンプ経験から、「共に時間と空間を共有する」こと自体に、
とても意味があることを感じているからです。
 参加を検討される方は、どうぞ、全期間参加できるように主に祈り求めてみてください。
そのうえで、各自の事情に合わせて、参加期間をお申し込みください。

参加資格
●神の家族との交わりを愛し、求めている人
●日本の救霊に熱い心で重荷を覚えている人 
●クリスチャンってどんな人種だろうと興味を持っている人 

中学生以下の方は家族単位での参加を歓迎しますが、
子どもの単独参加について、原則10歳(小学校5年生の学齢)以上から受け容れます。
その年齢に達しない子どもだけの参加については、
ご相談の上検討しますので、まずはご連絡ください。

費用:公共の施設のため、1団体(50人以下)につき2500円 / 日です。これに食費などの実費を加えたものが必要経費です(温泉の入湯料は別料金)。
キャンプ参加費は、これを踏まえての自由献金とします。
主が豊かに必要をみたしてくださることを信じて!

持ち物
●寝袋 ●食器 ●洗面用具 ●着替え(夜は冷えるので長袖、長ズボンを用意してください) ●運動靴 ●川遊び用のサンダル(バックル付きの脱げにくいもの) ●スポーツ用具(グラウンドがあります) ●懐中電灯 ●物干しロープ ●洗濯ばさみ ●食器ふきん1~2枚 ●常用薬 ●防虫スプレー ●虫さされの薬 ●保険証 ●聖書 ●筆記用具 など

※ 車での参加者には、以下の物を持参していただけると助かります。
お持ちいただける物があれば、その旨、ご連絡ください。
□ 炊飯器(大容量のものがあると助かります)
□ 大容量クーラーバッグ(冷蔵庫がないため)
□ アウトドア用テーブルチェアセット
□ アウトドア用カセットボンベ式コンロ
□ アウトドア用鉄板、焼き網、トングなど
□ アウトドア用簡易シャワールーム

申し込み方法
参加者氏名(性別)、年齢(学年)、参加日程、交通手段、住所、電話番号、メールアドレス、緊急連絡先を明記の上、下記のアドレスまたは協会あてFAXにて申し込みください。
申し込み締め切り日 2010年7月31日(土)

申し込み・連絡・問い合わせ先
gracefulexodus21*ark-jp.info (*を@に変更して送信してください)
050-3311-6086


昨年のキャンプの様子はこちらから
[PR]
by ark-hesa | 2010-05-20 13:50 | お知らせ