カテゴリ:活動報告( 9 )

HST2011

2011年の一大イベント、HST2011の報告です。
クリスチャンのホームスクーラーユースたちを核とした、西日本をめぐった前代未聞の賛美集会ツアー!

その報告や感想などが専用ブログにまとまっていますので、ぜひごらんください。


公式ウェブログ「Hello Weblog。」
[PR]
by ark-hesa | 2011-12-02 10:58 | 活動報告
2011年はARKHESAにとって静かな1年でした。
毎年の恒例となったARKキャンプも、今年はHSTミニストリーが行われることもあり、今までキャンプに参加したことのある家族を中心に5家庭と小規模で行われました。
今年の活動として、内容をご報告します。

a0150539_13133290.jpg




今年のキャンプの参加者は、例年参加してくれる年長の子どもたちが少なくなりましたが、
その代りに成長してきた他の子どもたちが小さな子どもたちの面倒を見てくれたりと小さな世代交代が見られました。

プログラムとしては昼間の時間のほとんどを自由時間としてすごしました。
そのため大人たちはゆっくりとした交わりを持つことができ、子どもたちも独創性を発揮し楽しんでいました。
「みんなで楽しく」行うことを目的としたプログラムとしては、毎年恒例のドラマケーション!
写真からその様子をご覧ください。
a0150539_13135430.jpg

a0150539_13141718.jpg





子どもたちが寝静まった後は大人たちの語り合いタイムです。
遅くまで語り合い、祈りあい、一人一人が触れられ語られる素晴らしい時でした。
そのような交わりを通して神の家族としての一体感を感じる期間でした。


主の導きにゆだねるARKキャンプが来年以降も持たれるかどうかは主のみがご存じですが、導きに従う中で示されていかれればと願います。
[PR]
by ark-hesa | 2011-11-29 13:06 | 活動報告
2010.10.25 17:00~
ミューザ川崎4F「市民交流室」
でARKホームエデュケーションサポート協会×八丁習字クラブ共催という形で、完全にホームスクーラー主体の賛美集会が行われました。
ホームスクーラーが自ら企画し、行う素晴らしい時となりました。準備の段階でたくさんの困難や問題点にぶつかりましたが、そのことを通して各メンバーを神様が成長させてくださって、みんなで心からの賛美を捧げることが出来たと思います。

***レポート***

a0150539_7482146.jpg

↑セット・立ち位置確認。当日リハーサルしてる時間はなく、つめつめでした!!

a0150539_750407.jpg

↑看板を携えて....

a0150539_7515142.jpg

↑道案内係さんたち出動~!

a0150539_7552514.jpg


a0150539_7561540.jpg


a0150539_75793.jpg


a0150539_7582736.jpg

↑人もはいってきて、いよいよはじまりはじまり~!?

a0150539_805983.jpg


a0150539_803374.jpg


a0150539_822928.jpg



a0150539_833949.jpg

↑アイスブレイクタイム!

a0150539_851932.jpg


a0150539_87714.jpg

↑うらかたさんも大事な役目。大活躍です!

a0150539_885067.jpg

↑メッセージ。ホームスクーラーたちに大きなチャレンジをしてくれました。

a0150539_811460.jpg

↑みんなで手をつなぎ、賛美しておわりました。

a0150539_8124914.jpg

↑集会後は新しい出会いもあったり、素敵な交わりもあったり...良い時でした。



(写真提供:堀井さん)



Special Thanks to...from ARK
素晴らしい機会を与えてくださった八丁習字クラブの方々
PA・照明・会場設営・アッシャー・道案内・録画・写真撮影・茶菓準備などの裏方につとめて、徹してくださったたくさんの方々
祈って見守ってくださったたくさんの方々
前に立って参加者を導いてくれたリーダー・賛美チームの方々
参加してくださったたくさんの方々
すべてを導き、栄光をみさせてくださった神様





***アンケート(一部抜粋)***

良かった点・・・バンドとダンスのチーム。さんびがすてき。小さい子連れでもゆっくりできる自由な雰囲気がよかったです。
感じたこと・・・いろんな形(役割・立場)でひとりひとり(私も含めてね)がさんびしてるんだなって思えて、よかった。うれしかった。(30代・女性)

みんなが神様に向かっていることが良かった。また一つになっている集会だった。メッセージにとても共感しました。自分にも、伝えることのできる場面があると感じました。

これだけ多くの若い方々のクリスチャンたちがいて、これからの世代を引っ張っていくリーダーとなっていってほしいと願います。祈っております。(20代・男性)

良かった点・・・みんなの身体的成長以上に精神的・信仰の成長をみたこと。日ごろはところどころで生活をしていても主にあってひとつであること。
改善したほう良いところ・・・もっと多くの方にきていただけたら良い
思ったこと・・・とても素晴らしく、励まされました。
みんなの成長が楽しみで仕方がない!(40代・女性)

感動した。(10代・女性)

みんなが楽しそうでした。一番良かったのは、えがおです。(10代女性)

******
[PR]
by ark-hesa | 2010-12-02 08:33 | 活動報告
ARK神の家族キャンプ レポート


2010年8月12日~16日、長野県飯田市の姫宮林間学校で、今年もARKキャンプが開催されました。
総勢60名程の参加でした。

天候でプログラムが色々と変わってしまうなど、ハプニングは色々ありましたが、大きな事故からも無事に守られ、祝福された時となりました。

また、今回はホームスクーラーのみでなく、若者の単独参加やホームスクーラーでない家族の参加も見られ、良い交わりを持つことができました。

若者たちにより、土曜日に企画された賛美集会のためにパフォーマンスの練習をしたり賛美練習をしたりする中で、それぞれが主にあって色々なことを学ぶ機会ともなったことを感謝します。

a0150539_8325952.jpg



a0150539_834326.jpg



↑初日のゲーム大会


a0150539_8344531.jpg



↑今年も相変わらずちびっ子も大勢! 元気もりもりです!


a0150539_8351587.jpg



↑土曜日の賛美集会で。ユースのガールズでサインダンスのパフォーマンスをしました。


a0150539_836535.jpg



↑疲れたお昼寝。こんな気楽な雰囲気がファミリーキャンプのいいところ。


a0150539_8365535.jpg



↑ローラーすべり台で。


a0150539_8372087.jpg



↑ローラーすべり台を終えると、その下には面白い遊具やアスレチックがたくさんの公園があります。ちっちゃい子も大きい子もみんなでおにごっこをしたりぶらんこをしたりして遊びました。


a0150539_8384117.jpg





アンケート一部抜粋
******************************

楽しかったこと・・・みんなで賛美して踊ったこと。新しい歌をいっぱい覚えて楽しかった!
(中略)
感謝だったこと・・・Mさん家族、ラブレボの皆さん、いろんな新しい方が参加してくださってうれしかった。ユースの皆さんが小さい子の面倒をみてくれてありがたかった。子どもたちも伴奏や劇などで参加できてよかった。
教えられたこと・・・神さまは生きておられ、計画をもって私たち家族をこのキャンプに導いておられることがわかった。
みんなに一言・・・本当にお世話になりました。おいしいご飯、のんびりゆったりオフロ、いっぱい子どもたちも遊べて、素晴らしい時間が過ごせました。家では味わえない、いい時間でした。たくさんの方々が苦労して働いてくださったことを感謝します。(後略)
(40代・女性)

******************************

1.たのしかったこと
OYAJI Bandができたこと。Youth集会のキャンプ漫才・子どもの寸劇

2.残念だったこと
天気が今年も良くなかったこと。長男が参加できなかったこと。初日の夜に風邪を引いてしまったこと。

3.教えられたこと
かみさまについて・・・かみさまはちゃんと守ってくださる。
人について・・・人はそれぞれの課題・問題を背負って歩いている。
自分について・・・状況に、おしつぶされそうになりながら、感じることを忘れている自分。

4.みんなにひとこと
一緒にすごしてくれてありがとう。(後略)
(50代・男性)

******************************

1.たのしかったこと
おじさんゲーム、花火、賛美、食事、ローラーすべり台、子ども遊び、フラダンス、Kくん

2.残念だったこと
トイレが腐ってた♪

3.教わったこと
神さまがラブレボとARKをつなげてくれた。
おそらく、「覆い」とはさまざまな攻撃による疲れた状態だと思った。「常に喜べ、絶えず祈れ、すべてのことに感謝せよ」という言葉に従い、常に目を醒ますことが大切なのだと思わされた。これから責任を持つ働きに関わるので、その時この意味が理解できると確信した。

4.感謝なこと
いなごが思ったより平気だった。卓球できた! 蚕がまずかった。

5.みんなに一言
幼虫に要注意。

5.来年あれば希望すること
奥さんと行きたいです:)
(20代・男性)

******************************

私はこのキャンプに初めて参加しました。想像したのとずいぶん違っていて、こんなに「家族」がたくさん集まると思っていませんでした。最初は、とまどったりしたんですが、最後の3日は思いっきり楽しみました。
後、このキャンプに参加して家族の大切さに気づきました。「あぁ~家族が恋しい! 家族って大切!」って思ったんです。

多分みんな知ってると思いますが、川遊びに行ったとき、私は調子乗って危ないことやっていました。
今回流されておぼれかけたのは、人生で初めて!経験したことでした。
流されながら、「ああもうすぐ頭を打って気絶するか死ぬんだろうな」と頭の中で鼻に水が入りながら考えていました。私が守られたのは神様のおかげと思って、助けられた後、感謝しました。幸いケガも岩で背中をぶつけてすりきずとあざと足のあざと済んだので良かったです。

日曜日の夜の賛美とっても盛り上がって楽しかったです。
(中略)
神さまこのキャンプで学んだこと交われたことすべて感謝しますー!
(10代・女性)

******************************

今年もこのキャンプはかみさまにまかせて終わることができたと思う。
「仕え合う」てむずかしいことだなぁ、と愛し合うのは感棚でないなあ、と思わされました。
(中略)
みんなにひとこと★足りなくて、気づかなかったり、気を配れなかったり、きつい言い方をしたり、傷つけたりして、ごめんなさい。でもまだまだ未熟なわたしにはこれが精一杯でした(涙) 来年、もしあるならパワーアップを自分自身がしてるといいなぁって思います。でもみんなありがとう! だいすきだったり...したり?したり?(笑
(10代・女性)

******************************

1:みんなと遊んだこと
2:トイレくさかったこと。ブヨにさされたこと
3:特になし
4:キャンプにいけたこと
5:みんなのおかげで楽しいキャンプになりましたあ~♪
6:チームたいこうリレー・たっきゅう全員たいけつ。
7:特になし
(10代・男性)

******************************
[PR]
by ark-hesa | 2010-09-10 02:15 | 活動報告
2009年、8月6日~10日長野県飯田市の姫宮林間学校にて、ARKファミリーキャンプが開催されました。
参加者総数 62名 (14家族+α)

a0150539_1443683.jpg


↑初日はこんなに晴天でした。

a0150539_1451716.jpg


↑開会の祈り

a0150539_1471333.jpg


a0150539_14102284.jpg


↑あさごはん

a0150539_14104346.jpg


↑卓球大会なんかも開かれたり。

a0150539_14113981.jpg


↑ゲームの様子

a0150539_14193112.jpg
a0150539_14195293.jpg


↑ウォーターファイトの後で。ずぶぬれです。

a0150539_1421244.jpg
a0150539_14211344.jpg


↑パパたちによるランチ。

a0150539_14221022.jpg

a0150539_14225455.jpg


↑パフォーマンス大会もやりました。

a0150539_1424455.jpg


↑集合写真。

a0150539_14243794.jpg


↑ホストファミリーで。


*感想文*(一部抜粋)

*******************************

主がこのキャンプに私を導き、過ごさせてくださった事に感謝します。キャンプを通して、主が自分に何をして下さっているのかを思い巡らしていましたが、出発礼拝のメッセージがまさにピッタリでした。主は私の内なる人を強めようとされており、いえ、既に幾分か強くしてくださったのだと信じます。そしてそのプロセスは、兄弟姉妹の交わりの中に自分が置かれていることへの葛藤の中にありました。気が付いてみると、これまで知らなかった人々と話し合い、分かち合い、祈り合う関係と導かれていたのでした。
 私はこのキャンプに到着した時、右も左も分からない感じで、一体主が何を用意しておられるのか未知の状態でした。ただ、初日のメッセージのとおり、主に期待し続ける心だけは持ち続けていました。そして主はその期待を裏切られませんでした。
 主は自分自身の弱さを知るというプロセスを通して、私を確かに強めて下さったと思います。また、これからも続いていくであろう兄弟姉妹との関係を築いて下さいました。私は神の家族の一員としても、未熟であることを一層知らされましたが、この機会をまた新たな始まるとして、ご自身の業を私の内に宿してくださり、私が兄弟姉妹を真に愛する者へと、いや、それよりもまず、妻と子どもをも正しく愛する者へと変え続けていって下さることを心から期待し、信じます。
 主の愛が、このキャンプを企画し、迎えて下さったお一人お一人の中に働かれ、また参加した兄弟姉妹の中に働かれ、また、私の中にも働いて下さったことに感謝し、愛の源である主に栄光を帰します。
 主が全ての兄弟姉妹の、見える見えないに関わらず、全ての労に豊かにむくいて下さることを信じます。主は素晴らしい方。このキャンプを開いて下さった主に、心より感謝します。 大人・男性

*******************************

(前略)次の世代のリーダー達の不安やとまどいを感じながらの一歩一歩と前へ進もうとする姿に、感動しました。主が優しいまなざしで共にいて下さり、はげまし
て下さっているのを感じました。色々なことがあり、良いことばかりではないできことをとおしても、主がすべてを益として下さっていることを強く感じ、このキャンプで学んだことを大切にイエス様と共に人生を歩んでほしいと思いました。

また、日曜日のパパランチで、話し込んでいるママさん達へのサンドウィッチのデリバリーには、おどろきとうれしさで涙が出てしまいました。パパさん達の愛に心から感謝します。それにお父さん達、輝いてましたよ!かっこよかったです。(後略) 大人・女性

********************************

⒈ 楽しかったこと、うれしかったこと
今年のARKキャンプでは若者たちがグループリーダーとして奉仕することができました。キャンプ前の打ち合わせとか何もなかったので、最初は何をすればいいのか少し不安でした。でも1日目、グループに分かれてお互いの紹介とかグループ名をみんなで楽しく考えているうちに、「グループリーダー!大きくて大変な責任・・・」ではないことに気付いて、反対に楽しみながらできることだと・・・! 助けてくれた大人の皆さんにも感謝でした。
 ゲーム大会、ウォーターファイト(2回とも!)、やっていてびしょぬれになったスプーンリレー。夜、お腹が空いていたときに夕ご飯の残りをおにぎりにしてこそこそ話しながら食べたこと。ドラマケーションの時間(自分がやっているのももちろん楽しかったけど、それよりも違う人達がやっているのを見れたこと)、パフォーマンス大会への準備。全部楽しかったです!!
 パフォーマンス大会のためにその日決めて練習し始めた「ブヨにさされた」ダンス&歌、本番はみんな緊張して大失敗しちゃったけど、それもそれでキャンプでのおもしろい思い出をもう一つ増やすことができたので嬉しかったです。お腹が痛くなるまで笑っていました。
⒉ 感動したこと
・キャンプの間、いろいろな思いが与えられたけど、その思いを神様にお祈りを通して話せたこと。そして神様はその祈りを聞いてくれて、答えてくれたことが多くありました。
・朝の有志の祈り会でそこにいた人たちと共に祈れたこと、互いのために祈り合えたこと。
・神様の働き方、人の心の中での動き方をまた違う風にみることができて感動しました。
・出会いってなんてすばらしいものなんだなぁ、と。神様の時に、選ばれた人達と。
・神様が造った自然の美しさに再び感動してしまいました。(後略) ユース・女性

*******************************

求めていた物は与えられず、
期待していた通りにはいかず、
やろうと思った多くのことが出来なかったけど、
終わってみて、「神様上手いことやるなあ」とただ思う、そんなキャンプでした。(後略) ユース・男性

*******************************

うれしかったこと、楽しかったこと
ウォーターファイトが楽しかったです。
「オレオゲーム」で、オレオが口に入ったからうれしかったです。
パフォーマンス大会で、みんなのことを見ていることが楽しかった。
神様を通して感じたこと、わかったこと。
雨の日が多かったけど、神様にお祈りしたら晴れになって、
やっぱり神様ってちゃんと、私たちのお祈りをきいてくださるんだなーと
改めておもった。
私が思ったより、ひろみちゃんは、役がうまくて、びっくりした。
みんなでまた劇やろうね。
このようなキャンプが来年もあったらいいか。もしあったらどんなことに期待するか。
来年もあったらいいとおもいます。
あったらゲームに期待します。 小学生・女の子

********************************
みんなでゲームしたことが楽しかった。
みんなで水であそんだことが楽しかった。
お友だちができたことがうれしかった
みんなでゆっくりおんせんに入れたこと
みんなでたっきゅうしたこと
みんなでおひるごはんたべられたこと      
水ふうせんで遊べたこと
みんなで遊べたこと
夜ゆっくり眠れたこと
みんなでバーベキューしたこと
全員をイエスさまがまもってくれたことがうれしかった
みんなでおかしをたべたこと  小学生・男の子

*******************************
[PR]
by ark-hesa | 2009-09-01 14:40 | 活動報告
参加者総数は40名でした!
キャンプの様子です。

a0150539_18141949.jpg

*かわらんべでの竹筒ご飯作り。食器も手作り!

a0150539_18143930.jpg

*激しい水遊び合戦。ボーイズ対ガールズの熱戦!

a0150539_18145137.jpg

*戦いのあとは仲良くすいか割り。

a0150539_18151447.jpg

*楽しいゲームもいろいろ。

a0150539_18152475.jpg

*日曜日は礼拝。みんなで賛美し、グループに分かれて、ディスカッション形式で一緒に聖書を学びました。

a0150539_18153912.jpg

*毎日の食事はみんなで作ります。お父さんも子ども達も大活躍!


a0150539_18155735.jpg

ああ楽しかった! 来年またここで会いたいね!


キャンプ参加者アンケート(一部抜粋)

「全体的な感想としては、『とてもリラックスした雰囲気の中で、子どもも大人もたくさん遊び、はしゃぎ、交わり、いろいろな意味で交流を深めることのできたファミリーキャンプ』だった、ということでしょうか。
『主が出会わせて下さったのだなあ』と思う方々との出会い、また以前からもう少しお交わりができたらな、
と思っていた方々との再会、本当に中身の濃い4日間でした。」(A.S.)


「ドラマケーションは、どんなことをやるかよくわからなかったのですが、やってみると、好きな色や好きな動物の名前での自己紹介や、楽しいゲームと、子供たちは楽しく夢中なっていました。
ホームスクールしていて、自分を表現するとか、発表するとかの機会が少ないのですが、子供たちが楽しそうにやっていて、親としては安心しました。
 ネイチャーゲームでは、私は、K姉のお友達に手を引いてもらって歩いたのが印象的でした。
川の流れの音を聞き、葉っぱのやわらかさを感じ匂いをかいだり、ベンチの木の感触、鉄棒の金属の感触を確かめたりして、目をつぶって自然の中にいると体が喜んでいる感じがしました。
なかなか目をつぶって誰かに手を引いてもらうことなんて体験できないので、もっと手を引いてもらいたいね、ずっとやっていたい感じと、二人で子供のように喜んでいました。」(M.I.)


たのしかったこと・・・water fight とraftingでした。
うれしかったこと・・・友達をつくれたこと。
神様ってすごいとおもったこと・・・みんなをまもってくれて、たのしいじかんをすごせたことです。
びっくりしたこと・・・毎日天気がはれてて嬉しいし、びっくりでした。
友達やおとなの人に伝えたいこと・・・いつかどこかで会いましょう。
はんせいしたこと・・・きょうだいにたいしてにんたいがなかったことです。
こういうキャンプにぜったいまた来たいです。(E.S.)


「新しい友達がいっぱいできて本当に嬉しかったです。
みんながお互いを助けあったり、お互いのことを愛しながらキャンプを過ごしたのを感じました。
1つの大きい家族みたいになれて、嬉しかったです。
デボーションの時での祈りが答えられたこと、いろんなすばらしい人との出会い、けがや病気から守られたこと、毎日いい天気だったこと、神様に感謝します。
みんな、この五日間を楽しく過ごせるようにしてくれて、ありがとう!
また来年もキャンプがあることになったら、絶対行きたいので、みんなに会うのを楽しみにしています!」(C.S.)


「教えられたことは、日曜日のデボーションのかしょからです。
『しもべじゃなくて、友とよぶ』っていう所があって、私たちはイエス様のことを裏切ったりもするし、従わないことだってあるのに、そんな私たちを『友達』って呼んでくれるかみさまって『すごーい』と思いました。
心が広いって好かれるなぁーって思ったので自分も心を広くしたいです。』
(M.K.)
[PR]
by ark-hesa | 2008-09-01 18:07 | 活動報告
2月2日に、ARK代表の笹岡家の転居先である千葉県下において、教材情報を交換、シェアする集会がもたれました。
今回は特に、アメリカのホームスクーラーがよく使っているA.C.E.の教材の紹介が中心でした。
まだまだホームスクーラーが少なく、情報が不足しがちな日本で、お互いに日常の学習方法や、使っている教材を紹介したり、教える上での悩みや不安を分かち合える機会は有益だったと思われます。

親たちが情報交換をしている間、一緒に集まった子ども達は、子供同士で外遊びやゲームなどで楽しみました。参加人数:5家族24人
[PR]
by ark-hesa | 2008-02-03 19:00 | 活動報告
2005年9月の親子キャンプ、2006年1月わくわくミュージックキャンプを経て、これらのキャンプ参加者を中心に「ARKキッズミュージックミニストリー」として、賛美やダンスを通して弟子訓練と伝道を目的とするミニストリーチームを結成しました。
チームとして一致して目標を果たすため、そして一定の期間、各自が自覚的に、与えられた責任を果たせるよう励ましあうため、メンバーシップ制で活動が行われました。

月に1,2度は皆で集まり2泊の練習キャンプや日帰りの練習を行い、上記のホームスクーリングフェスタで、また東久留米のひばりが丘バイブルチャーチに招いていただき、ミュージカルの発表を行うことが出来ました。

参加人数:小学生~高校生 のべ13人
期間:2006年4月~2007年3月

[PR]
by ark-hesa | 2007-03-31 18:23 | 活動報告

ホームスクールフェスタ

 「ホームスクーラーの文化祭なんてどうだろう?」
・・・各地に散らばるホームスクーラーの母親たちのおしゃべりからはじまったフェスタは、 2006年11月4日、
舞台ゾーン、展示&販売ゾーン、ワークショップゾーンからなった御茶ノ水の会場にて実行に至りました。
数百点もの展示、販売品や、のべ数十のパフォーマンスやネットワーキングなど合計230人もの人が集まる企画となりました。

a0150539_18422586.jpg

*ホームスクーラーの手作り100エンショップ『HOLY SHINES』。売り上げは、国際飢餓対策機構(Food for the Hungry)に寄付されました。




a0150539_1847122.jpg

*ARK KMM(Kids Music Ministry)によるミュージカル公演。




a0150539_18494863.jpg

*ホームスクーラーファミリーたちの万国旗。




a0150539_185145100.jpg

a0150539_18555177.jpg

*オリジナルTシャツの販売や、ホームスクーラーの作品などの展示も行われました。ワークショップも行われました。
[PR]
by ark-hesa | 2006-04-01 18:24 | 活動報告