<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2009年、8月6日~10日長野県飯田市の姫宮林間学校にて、ARKファミリーキャンプが開催されました。
参加者総数 62名 (14家族+α)

a0150539_1443683.jpg


↑初日はこんなに晴天でした。

a0150539_1451716.jpg


↑開会の祈り

a0150539_1471333.jpg


a0150539_14102284.jpg


↑あさごはん

a0150539_14104346.jpg


↑卓球大会なんかも開かれたり。

a0150539_14113981.jpg


↑ゲームの様子

a0150539_14193112.jpg
a0150539_14195293.jpg


↑ウォーターファイトの後で。ずぶぬれです。

a0150539_1421244.jpg
a0150539_14211344.jpg


↑パパたちによるランチ。

a0150539_14221022.jpg

a0150539_14225455.jpg


↑パフォーマンス大会もやりました。

a0150539_1424455.jpg


↑集合写真。

a0150539_14243794.jpg


↑ホストファミリーで。


*感想文*(一部抜粋)

*******************************

主がこのキャンプに私を導き、過ごさせてくださった事に感謝します。キャンプを通して、主が自分に何をして下さっているのかを思い巡らしていましたが、出発礼拝のメッセージがまさにピッタリでした。主は私の内なる人を強めようとされており、いえ、既に幾分か強くしてくださったのだと信じます。そしてそのプロセスは、兄弟姉妹の交わりの中に自分が置かれていることへの葛藤の中にありました。気が付いてみると、これまで知らなかった人々と話し合い、分かち合い、祈り合う関係と導かれていたのでした。
 私はこのキャンプに到着した時、右も左も分からない感じで、一体主が何を用意しておられるのか未知の状態でした。ただ、初日のメッセージのとおり、主に期待し続ける心だけは持ち続けていました。そして主はその期待を裏切られませんでした。
 主は自分自身の弱さを知るというプロセスを通して、私を確かに強めて下さったと思います。また、これからも続いていくであろう兄弟姉妹との関係を築いて下さいました。私は神の家族の一員としても、未熟であることを一層知らされましたが、この機会をまた新たな始まるとして、ご自身の業を私の内に宿してくださり、私が兄弟姉妹を真に愛する者へと、いや、それよりもまず、妻と子どもをも正しく愛する者へと変え続けていって下さることを心から期待し、信じます。
 主の愛が、このキャンプを企画し、迎えて下さったお一人お一人の中に働かれ、また参加した兄弟姉妹の中に働かれ、また、私の中にも働いて下さったことに感謝し、愛の源である主に栄光を帰します。
 主が全ての兄弟姉妹の、見える見えないに関わらず、全ての労に豊かにむくいて下さることを信じます。主は素晴らしい方。このキャンプを開いて下さった主に、心より感謝します。 大人・男性

*******************************

(前略)次の世代のリーダー達の不安やとまどいを感じながらの一歩一歩と前へ進もうとする姿に、感動しました。主が優しいまなざしで共にいて下さり、はげまし
て下さっているのを感じました。色々なことがあり、良いことばかりではないできことをとおしても、主がすべてを益として下さっていることを強く感じ、このキャンプで学んだことを大切にイエス様と共に人生を歩んでほしいと思いました。

また、日曜日のパパランチで、話し込んでいるママさん達へのサンドウィッチのデリバリーには、おどろきとうれしさで涙が出てしまいました。パパさん達の愛に心から感謝します。それにお父さん達、輝いてましたよ!かっこよかったです。(後略) 大人・女性

********************************

⒈ 楽しかったこと、うれしかったこと
今年のARKキャンプでは若者たちがグループリーダーとして奉仕することができました。キャンプ前の打ち合わせとか何もなかったので、最初は何をすればいいのか少し不安でした。でも1日目、グループに分かれてお互いの紹介とかグループ名をみんなで楽しく考えているうちに、「グループリーダー!大きくて大変な責任・・・」ではないことに気付いて、反対に楽しみながらできることだと・・・! 助けてくれた大人の皆さんにも感謝でした。
 ゲーム大会、ウォーターファイト(2回とも!)、やっていてびしょぬれになったスプーンリレー。夜、お腹が空いていたときに夕ご飯の残りをおにぎりにしてこそこそ話しながら食べたこと。ドラマケーションの時間(自分がやっているのももちろん楽しかったけど、それよりも違う人達がやっているのを見れたこと)、パフォーマンス大会への準備。全部楽しかったです!!
 パフォーマンス大会のためにその日決めて練習し始めた「ブヨにさされた」ダンス&歌、本番はみんな緊張して大失敗しちゃったけど、それもそれでキャンプでのおもしろい思い出をもう一つ増やすことができたので嬉しかったです。お腹が痛くなるまで笑っていました。
⒉ 感動したこと
・キャンプの間、いろいろな思いが与えられたけど、その思いを神様にお祈りを通して話せたこと。そして神様はその祈りを聞いてくれて、答えてくれたことが多くありました。
・朝の有志の祈り会でそこにいた人たちと共に祈れたこと、互いのために祈り合えたこと。
・神様の働き方、人の心の中での動き方をまた違う風にみることができて感動しました。
・出会いってなんてすばらしいものなんだなぁ、と。神様の時に、選ばれた人達と。
・神様が造った自然の美しさに再び感動してしまいました。(後略) ユース・女性

*******************************

求めていた物は与えられず、
期待していた通りにはいかず、
やろうと思った多くのことが出来なかったけど、
終わってみて、「神様上手いことやるなあ」とただ思う、そんなキャンプでした。(後略) ユース・男性

*******************************

うれしかったこと、楽しかったこと
ウォーターファイトが楽しかったです。
「オレオゲーム」で、オレオが口に入ったからうれしかったです。
パフォーマンス大会で、みんなのことを見ていることが楽しかった。
神様を通して感じたこと、わかったこと。
雨の日が多かったけど、神様にお祈りしたら晴れになって、
やっぱり神様ってちゃんと、私たちのお祈りをきいてくださるんだなーと
改めておもった。
私が思ったより、ひろみちゃんは、役がうまくて、びっくりした。
みんなでまた劇やろうね。
このようなキャンプが来年もあったらいいか。もしあったらどんなことに期待するか。
来年もあったらいいとおもいます。
あったらゲームに期待します。 小学生・女の子

********************************
みんなでゲームしたことが楽しかった。
みんなで水であそんだことが楽しかった。
お友だちができたことがうれしかった
みんなでゆっくりおんせんに入れたこと
みんなでたっきゅうしたこと
みんなでおひるごはんたべられたこと      
水ふうせんで遊べたこと
みんなで遊べたこと
夜ゆっくり眠れたこと
みんなでバーベキューしたこと
全員をイエスさまがまもってくれたことがうれしかった
みんなでおかしをたべたこと  小学生・男の子

*******************************
[PR]
by ark-hesa | 2009-09-01 14:40 | 活動報告